改めて見直す就労コンプライアンス

改めて見直す就労コンプライアンス(初めに)

投稿日:

日本では労働者保護の観点から、勤怠管理について細かい色々な規定があります。
法律のみならず省令などまで含めた様々なコンプライアンスの対象となる規定があり、
さらにそれらは判例などにより細かく内容を変化させています。

往々にしてこういった、勤怠管理系のコンプライアンス違反などは、
ある程度長い時間を対象に修正を求められ、
数億円、数十億円と多額の支払いに至った企業も珍しくありません。

「改めて見直す就労コンプライアンス」では、
近年起っている、訴訟や、具体的な金銭的補償命令に至った事例を踏まえながら、
コンプライアンスという視点以上に勤怠管理を行うことが企業の競争力の強化とコストダウン、
生産性の向上等に非常に強い効果を与えることをご紹介していきます。

勤怠管理システムご利用中、ご利用前の方への無料個別セミナーを開催 ICカードリーダープレゼントキャンペーン
パートナー募集。勤怠管理システムICリコーダーの販売代理店を募集しております。
たいせつにしますプライバシーマーク 10823136(01)