改めて見直す就労コンプライアンス

コンプライアンス事件簿<労働時間の30分丸目は「OK」or「NG」?>

投稿日:

【大手外食チェーンA社】例

大手外食チェーンA社は、労働基準監督署から日々の勤務時間の計算方法について
是正勧告を受けました。
実務上の都合から厚生労働省は1か月の勤務時間について30分単位の「丸め」を
認めています。
A社では日々の時間「丸め」を30分で行っていたために是正勧告を
受けることになってしまいました。

A社は大手外食チェーンで、アルバイトだけで数万人と多く、
労働債権に認められる時効にあたりる2年分の未払い額が
13億(実際には20億以上とも、、、)以上になったそうです。

また、労働者に対する、コールセンターの設置の必要性など
是正勧告に基づく設備投資など、さらなるコストが必要となりました。

さらに、企業イメージの悪化に伴い、お客様の減少と、
アルバイトの雇用の悪化に伴い多くの店舗を閉鎖するとになり、
経営への影響も非常に大きなものとなりました。

勤怠管理システムご利用中、ご利用前の方への無料個別セミナーを開催 ICカードリーダープレゼントキャンペーン
パートナー募集。勤怠管理システムICリコーダーの販売代理店を募集しております。
たいせつにしますプライバシーマーク 10823136(01)